ジュネーヴ Auberge de Savièse フォンデュ・シノワーズ

Auberge de Savièse フォンデュ・シノワーズ (Chinese Fondue, Fondue au Chinois)

 スイスのしゃぶしゃぶ。ブイヨンスープに薄切り肉を浸し、数種類のソースで食べる。中国風という名前は勘違いから名付けられたらしい。昨日と同じくAuberge de Savièseへ向かった。






フォンデュ・シノワーズとフォンデュ・ブルゴーニュ (オイル・フォンデュ) の違いは、ブイヨンスープか、オリーブオイルか、また薄切り肉か、サイコロ肉かといった違い。ソースは同じ。このお店に限っては、フォンデュ・シノワーズはお肉無制限だが、フォンデュ・ブルゴーニュは非情に質のいいお肉210gが一人前。ブイヨンスープはどうか知らないが、オイルだと肉の違いがわかりやすいらしい。


また来たよ。



まずはお通しのようなサービスのパン。料理の到着を待つ。

これはフレンチフライを保温するための燃料。


エンドレス・フレンチフライは料金に含まれてる。なくなると自動的に供給される。フォンデュ・ブルゴーニュ (オイル・フォンデュ) ではライスとフレンチフライの二択だった。ご飯のような扱いであるらしい。



 続けてブイヨンスープが来た。長ネギのみじん切り、人参の細切り、キクラゲが入っていた。

手前右から時計周りにオーロラソース、玉ねぎのみじん切り、タルタルソース、マヨネーズ、マスタードソース、おそらくバジル。店長はタルタルソースがお気に入りらしい。

フォンデュフォークで肉を巻き取る。 肉は無制限。10回ほどおかわりした。



野菜もからまった。 これにソースをつけて頂く。




食べ始めてから撮ったのでキレイではない。これで一人前。40CHFだった。約4400円。

店長。昨日から続けて来た僕のことを覚えていてくれた。食べ方も教わり、おしゃべりがはずみ 、一緒に写真も撮った。


目立つオープンカーが走っていた。

ちなみに、Cornavin駅からCafe de Parisを通って、Rue de Paquis通りを入って五分もせず右手にお店が見える。

ここがCornavin駅。


ホームページより

Auberge de Saviese
20 rue des Paquis, Geneva 1201 , Switzerland +41 22 732 83 30

+41 22 732 83 30

RESERVATION ONLY BY PHONE

Open Monday to Sunday from 12 am to 23 pm (nonstop)

By car:
Several facilities are available:
-Parking des Alpes
-Parking de l’hôtel Kempinski
-Parking de l’hôtel Novotel
-Parking Cornavin

By Bus:
Bus 1, 25 - Monthoux station
Tram 15 - Môle station


L'Auberge de Saviès
TripAdvisor

昨日のチーズ・フォンデュの記事はこちら: http://naokiwatanabe.blogspot.com/2014/09/auberge-de-saviese.html

コメント

人気の投稿