2014-09-20

CERN近くのケバブ屋さん

先日、CERNの正面ゲートから車で5分ほどのところにあるケバブ屋さんへ行った。ジュネーヴに面したフランス領の町Saint-Genis Poullyにある。先輩が「日本のケバブと全然違う。こちらのは断然おいしい。」と言うので試してみたかったのだ。
店の外観



レジから見えるケバブ。焦がさないようにせっせと削いでいた。

プレートやサンドなどがあるなか、定番らしいガレット、フライドポテト、飲み物のコンボにした。。ガレットと言う割には四角の四隅が折られたものではなく、ロールされていた。飲み物はoasis。初めて飲んだが、ふつうのジュースだった。
料理の写真。

味は、なぜ先輩が絶賛していたのかよくわからなかった。これで1000円を上回る程度。ケチャップ、マヨネーズ、バーベキューソース、サムライソースなどあり、自分はマヨネーズと辛いソースにしたが、もともとの味が強いせいで、よくわからなかった。六本木に立ち並ぶケバブ屋さんも十分おいしいと思う。フライドポテトのケチャップとマヨネーズはセルフサービスで、ケチャップはバーベキューソースが混ざったような味がして、とても食欲をそそられた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

飲食店への商品持ち込みを批判する人への反論

持ち込み商品の反対意見について反反論がある。持ち込み商品については、それはマナー違反だからと言う人が多い。商品を持ち込んでいる客がいると、注意したところでバイト代の上がらないバイト、給料の上がらない正社員は注意をし、さらに周りの客でも注意をする人がいる。彼らにその理由を聞くと、「...