2014-09-23

September 22, 2014 国際連合ジュネーブ事務局 Palais des Nations

September 22, 2014 at Palais des Nations

国際連合のジュネーブ事務局へ行ってきた。



スイス人の美意識には驚かされる。町にはゴミがない。レマン湖はきれいだ。若干透き通っている。町の方では白鳥や鴨が人々と遊んでいる。ジュネーヴの中心Cornavinから30分ほど歩いた。バスやトラムを使えばもっと手軽に着く。

UNICEFが見えた

 世界気象機関があった
 フランス語と英語で併記されている。このあたりには合わせて7つの国際機関があるらしい。

坂道をのぼると、国連に着いた。

門の隙間から撮った。さらに10分ほど坂を登るとVISITOR'S ENTRANCEがある。

国連前の『壊れた椅子』。国連を訪れる政治家に地雷やクラスター爆弾を思い出させる。



 ブックストアにあった。何となく気になった。

NYの本部と違い、入場はフリーではない。ガイドツアー10CHF(学生), 12CHF(一般)の形でしか入場できない。

ガイドツアーのお兄さん。若干のフランス語訛りだったが、今まであったフランス、スイスの人に比べて話せる方だった。僕は50%しか理解できなかった。英語は継続的にがんばろうと再度思った (何度目)。

ソヴィエト連邦からの贈り物。何かよくわからない。壊れて動かないらしい。木の向こうにも何かあるとか言っていた。聞き取れなかった。悲しい。

中立国なのにバチカンではなくスイスに最初置かれたのは、スイスが招聘したからだとか話していた気がする。英語よくわからなかった。また、NYの国連本部とGENEVAの国連事務局は、仕事内容が違うらしい。どう違うか説明してくれたが、忘れた。一時間でガイドツアーは終わった。

 標識にフランスってあるのがおもしろい。外国なのに隣行く感覚だ。


町並み。この足で遂に念願のチーズフォンデュを食べた。それは次の記事で。


0 件のコメント:

コメントを投稿

飲食店への商品持ち込みを批判する人への反論

持ち込み商品の反対意見について反反論がある。持ち込み商品については、それはマナー違反だからと言う人が多い。商品を持ち込んでいる客がいると、注意したところでバイト代の上がらないバイト、給料の上がらない正社員は注意をし、さらに周りの客でも注意をする人がいる。彼らにその理由を聞くと、「...