チーズ TOMME de SAVOI トム・ド・サヴォワ

TOMME de SAVOIE

これもスーパーでよく見かけるので買ってみたチーズ。



フランス東部サヴォア地方で作られる小型チーズ。調べると、クルミを初めとした木の実の香りがおいしいチーズなどと書いてあったが、全然わからなかった。ゴムみたいなチーズだった。セミハードはこういうものなのだろうか。ゴツゴツした皮はおいしくなかった。



毎度、激高チーズで驚かせてくれる「世界のチーズ専門店」に説明があった。
引用元:、トム・ド・サヴォワ:世界のチーズ専門店 [オーダーチーズ・ドットコム]世界のチーズを豊富に取り扱っています。

アポンダンスやポールフォールなどの大型チーズに対して、小型のものを「トム」と呼びます。「トム」と呼ばれるチーズは、様々な地方でつくられていて <トム + 村の名前> がチーズ名となっています。

ということらしい。知らなかった。
“トム”の名の付くチーズは、フランス中南部のオーベルニュ地方、 南西部のピレネー地方、コルシカ島など、フランス各地で つくられていますが、その代表が『トム・ド・サヴォワ』です♪ 
サヴォワの地は、冬になると雪で覆われる山岳地帯です。 大量のミルクを使用する大型チーズ「ボーフォール」が古くから 作られてきましたが、冬季になると、40kg以上ものサイズの ボーフォールを作るだけのミルクを集めることが困難でした。 
こで、各農家で作られるようになった小型のチーズが 『トム・ド・サヴォワ』だったのです。ハーブやスパイスを加えた“フレーバータイプ”や、 熟成をさせないフレッシュなタイプ、ワイン用に使用した ぶどうの搾りかすで漬けて熟成させたものなど、 『トム・ド・サヴォワ』のタイプは様々です。  
歴史的にはこういった巡り合わせなのだと。 それにしても、やっぱり日本でチーズ買うと高い。こちらでは、だいたい1kgで2000円のチーズが多いし、このTOMME de SAVOIEもケチって様々な種類を買おうとする僕が買ったのだから、その程度の値段だったはずなのだが、この輸入販売店では1kgで一万円もする。どうしてチーズを愛する者に日本は厳しいのだよ。

コメント

人気の投稿