きのこフォンデュ(Fondue aux champignons) in Auberge de Savièse

きのこフォンデュ


5月3日(日)、ジュネーヴの行きつけレストランAuberge de Savièseできのこフォンデュ(仏: Fondue aux champignons; 英: Fondue with mushrooms) 食べました。

当初、Bain des Paquisというお店でCondue Crémant (crémantというスイス原産のスパークリングワイン)を食べようと思い、向かいましたが、カード使えないと言われ、諦めました。この時点では、まだ両替してませんでした。



レマン湖に面したBain des Paquisです。左側でオーダーしてる。店員にOnly Cashと言われ、予定変更してきのこフォンデュにした。

Auberge de Savièseに着いた。


きのこフォンデュきた。フランス語できのこフォンデュ(フォンデュ・シャンピニョン)とシャンパンフォンデュ(フォンデュ・シャンパーニュ)は似てて、聞き間違えらて危ないとこだった。

きのこの香り、風味がする。

パン浸す。きのこの風味は一口目だけで消えてしまった。限界効用の低下速い。

パンにマッシュルームのせる。

店主、覚えててくれた。来客の案内したり、お店をまわって"Is it good?", <<C'est bon?>>などとお客さんに声をかけ、コミュニケーションをとるところがステキだ。そして価格は手頃だ。その2つが、ぼくがこのお店が好きな理由だ。

  1. Auberge de Savièse
時間: 毎日12:00-23:00 (日曜やお昼がお休みのレストランが多い中でとても助かる)
住所: 20 rue des Pâquis 1201 Genève
電話: : +41 22 732 83 30


まだ他にも気になってるお店と料理がある。le Gruyèrienというグリュイエールチーズを自社製造しているお店のフォンデュ、そしてエーデルワイスのブルーチーズフォンデュだ。そちらも行きたい。



コメント

人気の投稿