ジュネーヴのラーメン屋さん"Yukiguni"(ゆきぐに)二度目の再訪

ジュネーヴ唯一のラーメン屋さん「ゆきぐに」再訪


5月13日、グリュイエールチーズ自社製造しているLe Gruyerienでチーズフォンデュを食べてから、10分ほど歩いてラーメン屋さんをはしごしました。
前回記事はこちら


けっこう人が多い。しかも女性が多い。

メニューは頻繁に変わるらしい。Mochi Iceは雪見だいふくが一個出てくる。1CHF=129円ほど(2015年5月)。クラシックラーメンとゆきぐにラーメンは具が違う。



厨房にいる女性二人は日本語を話せるとか、日本に留学していたとか言っていた。見えないが、厨房の奥にいる店長が日本人で、その人が北海道出身だからゆきぐにという店名らしい。ホームページに北海道の料理人だと書いてある。

キリン500mlで9CHF。これで1000円超え。

「ゆきぐにらーめん醤油(27CHF)」を頼みました。これで3500円超えるなんて。しょっぱくて、お腹もいっぱいだったので、3口ほど食べたら残してしまった。たまごは味玉でも半熟でもなく、ゆでたまごでした。

ニューヨークのリトルトーキョーで入ったラーメン屋さんでは、学食ラーメンを粗末にしたようなものが800円近い値段で出てきたのを思い出した。ここはその4倍以上も値段するが、わりとまともな方だ。日本のラーメン業界はもっと世界に発信して、世界のラーメン好きの胃袋を満たしてもいいんじゃないかという気もしてくる。

店に入る前は、食べれると思ったのだけど、スイスで食費を節約していたら、胃が小さくなっていたみたい。ラーメン一杯とビールで5000円近い。さすがスイス。

同時に注文したラーメンの届く時間差が少し気になった。「ゆきぐにラーメン柚子」を食べ終わる頃に「ゆきぐにラーメン魚介」がくるなど、若干困惑した。

アクセスは、ジュネーヴの中心Cornavin駅から歩いて10分ほど。

ホームページ: Yukiguni

コメント

人気の投稿