August 22-24, 2015ドゥブロヴニク (クロアチア), 観光 / DUBROVNIK (CROATIA) 2/2

8月22-24日。
23日のモンテネグロ日帰り旅行から戻ったのは午後五時頃だった。


スルジ山から撮った夜景





シャトルバスの時間は日によって違うので確認しないといけない。しかも、空港へ向かう最終は19時代。僕の予定では、夜中に空港に行って、空港泊をして、朝、ジュネーヴへ戻ろうと思っていた。計画変更、バスの始発まで時間をつぶすことになった。


暇なのでリゾット食べることに。トイレを探していたというのもある。




 
Black Risotto. 店員に聞くと、Octopusだと話していた。イカじゃないのか、本当か。

75Knに消費税7Knがついて82Knだった。


ケーブルカーに向かった。この通りを上がるとケーブルカーチケット売り場にぶつかる。




チケットは往復あわせて108Knだった。チケット売り場から3分ほど歩くと乗り場がある。ケーブルカーは二本が往復している。待ち時間が長かった。バスチケットも売っていた。翌朝4時代のバスに乗るつもりだったが、バス車内でチケット買えないらしいので、ここで買った。

スルジ山。標高412mで、2010年にケーブルカーが開通した。



危ない。

ここで日が暮れるのを待つことにした。



ここで知り合った人に写真撮ってもらったけど真っ暗。




シャルドネ。

展望台で知り合った人とご飯した。

総督邸にドレスコードの人が溢れていた。何をしているのかと聞くと、クラシックコンサートがあるらしかった。

タブレットのカメラに傷がついてしまっていて、線が入る。回折格子のように干渉縞が生じているのだろうか。スルジ山で知り合った人、調べてみれば共通のfacebook友人が10人以上いた。僕も一方的に名前だけ知ってる人だった。こんなことが起こるものかと、驚いた。

その後は一人ワインバーへ。



ワインバーは最初の一杯40Kn以外、テイスティングさせてもらった。このときの仔細はこちらにまとめた。

ワインバーは25:30に閉まってしまった。暇になったので街壁の外のピレ門前にあったナイトクラブ SKY BAR へ行ってみた。小さなクラブだ。エントランス40Knだ。大きいクラブだと、よく知らないDJが持ち曲をかけていて、知らない曲ばかりが流れる。小さなクラブだと、有名な曲が流れることが多くて楽しみやすい。

 ここは楽しかった。ジンバブエ人とドイツ人が話しかけてきた。ジンバブエ人は「ケーブルカーチケット購入列で後ろに並んでたよ!」と言うし、ドイツ人は「スルジ山でurban girlといるところを見たよ!」と言う。日本人と話せて嬉しいらしく、ビールごちそうしてくれた。帰り際に写真撮影を頼んだ髭のかっこいいパリの人も仲良くなった。ちなみに、来夏、ドイツ人は日本来る予定だと話していた。今から楽しみだ。

僕のNexus7がポンコツ過ぎたので、パリから来てる男性が「俺の携帯で撮って送ってやるよ」と言って自分の携帯で撮って送ってくれたのがこちら。

どうもありがとう。

24日朝、無事にジュネーヴへ帰りました。空港へ向かうバスを待っていると、目の前の売店のおじちゃんが、待っている人たちにバスチケット売ってました。しかも、そのまま売店の車で空港まで送ってくれた。帰りのバス乗り場は、ピレ門ではなくケーブルカー乗り場横なので、気をつけてください。

かかったお金 (Kn)

空港 - 旧市街バス 40
モンテネグロ日帰りバス 290
街壁登るチケット 100
チェヴァブチチとワイン 149
水 10
マリネとワインとチップ 150
クラブ 100
クラブで買ったビール 33
タコスミリゾット 82
ケーブルカー 108
エビとワイン 120
ワインバー 40
SKY BAR 40
旧市街 - 空港バス 40
--
合計 1302 Kn (2.38万円)



コメント

人気の投稿