マケドニアワイン、コソボワイン 125-126本目

マケドニアワイン
マスカット・オブ・アレキサンドリアという品種かなと思ったけど、これ赤ワインだから違うか。

コソボワイン。 とてもめずらしい。コソボから日本への輸出はゼロ円だし。
コソボは貧しいので、ワイン生産もがんばっているらしい。


ドライのピノ・ノワール。収斂性が強かった。ベリーの果実香がいい。紛争時、ドイツが勝手にコソボワインを国際販売していたとか。
「強盗のような真似をしているのはアルバニア人だけじゃない。KFORもだ。ドイツ軍管轄区にはコソボ・ワインの生産工場があるが、ドイツ軍はそこに保管されていたワインすべてを押収し、勝手に国際マーケットで販売している。コソボの発電所の電気はアルバニアへ送電されているしな。もちろん、我々にはなんの断りもなしにだ。法的にはコソボはまだセルビア共和国の一部であるにもかかわらずにだ」 (ヨーロッパが狙ったコソボの《眠れる天然資源》)

旅行記にも書きました。

コメント