8/28-31, 2015 セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ --2日目サラエボ、モスタル-- Serbia and Bosnia and Herzegovina 2nd day Sarajevo, Mostar

二日目、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボとモスタルへ行ったときのこと。


日程
  • 8/28 ベオグラード(セルビア)、夜行バスでサラエボに移動
  • 8/29 サラエボを観光。モスタルまで日帰り観光。いずれもボスニア・ヘルツェゴビナ。夜行バスでノヴィ・サド (セルビア)へ。
  • 8/30 午前中はノヴィ・サドを観光。午後はベオグラードのニコラ・テスラ博物館。
  • 8/31 ベオグラードを観光して帰宅。


ブログ記事



ボスニア語・クロアチア語ではBosna i Hercegovina。

1 BAM (兌換マルク, KM) = 70 JPY
記事中にBAMとKMが出てくるが、同じだ。BAMは通貨コードだ。

セルビアのベオグラードから夜行バスでやってきた。
セルビアとサラエボを結ぶバスの時刻表は
で日時を選び、Serbia Republic, Istocno Sarajevoとする。このイストチノ・サラエボはセルビア人主体の共和国に属している。ここからサラエボまで行くのは一苦労だった。

5:00 着いた。

セルビアと似たような集合住宅だ。旧ユーゴスラビア時代に建てられたものなのだろう。

帰りの夜行バスを確認。ベオグラード行きが22:00, ノヴィ・サド行きが23:30。どうせノヴィ・サドも観光する予定なので、ノヴィ・サド行きの夜行バスに乗るつもりで過ごすことにした。

 ここが着いたバス停。周囲に全く何もない。朝早すぎて、両替もできない。現地通貨を両替してから来るのだった。周りにはバスもタクシーも人もない。というより、クレジットカード上限いってるなので、バスやタクシーがあっても乗れないんだった。
 Google Map でサラエボの方向を確認し、歩いてみた。あまりにも遠かった。歩いていると、トロリーバスが横を通り始めたので、様子を見ていたら、誰も料金を払っていない。乗ろうとする人にサラエボまで行けるかと英語で尋ねると、通じているのかいないのか、ニコニコしてくれた。とりあえず、僕も後に続いて乗ってみた。これで市街地まで連れて行ってくれることを祈った。

30分ぐらいトロリーバスに乗っていた。トロリーバスの窓ガラスは古く、表面は波打っていた。どこだかわからない公園と川についた。


トラムも走ってた。ここで、印刷してきたWikipediaのサラエボ項目をおさらいし、観光地を調べる。このトラムの窓ガラスの表面も波打っていた。

ラテン橋はどこかと橋の上で人に尋ねていたら、みな「ここじゃないの?」、「ここよ」と言う。離れて写真を見比べてみると、果たしてその通りだった。自分がどこの街にいるのかもわからなかったので、驚いた。朝早すぎて観光客もいなかったので、わからなかった。何も知らなかったら、ただ通り過ぎていたな。

近くに観光案内の掲示板があった。

街路にも説明がある。Wikipediaには
旅行ガイドブックのロンリープラネットでは、「世界の都市」ランキングにおいてサラエヴォを43位にランクしている
とある。たしかに、 サラエボは、観光地として優れているよ。


よくわからないけど有名らしい建物。



奥にあるのがラテン橋。


サラエボ事件の現場だ。今はその角地はミュージアムとなっている。この博物館は10時から。まだ時間ある。観光客がちらほら増えてきた。後をつけていると、旧市街に出た。ラッキー。



 セビリ。水飲み場だ。
右側にあるのは時計台。


この左側、キャラバン隊が寝泊まりや食事でお世話になってきたらしい。

ボスニアらしい食器。


セビリでは鳩も水飲む。

路上でティータイムするおばさん。

この頃には両替所も開き始めた。助かった。

大聖堂


ガジ・フスレヴ=ベグ・バザールの入り口


10時になったので、ラテン橋近くの博物館へ。第一次世界大戦の引き金があった。入場料4BAM。近くに気さくなTourist Information Centerがある (もう一つ、旧市街にもある)。



1914年6月28日、オーストリア=ハンガリー帝国の帝位継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が、ホールからの帰り道、左側の通路から、手前の道路へ右折する際に、撃たれた。既に自動車の爆破による暗殺未遂があったが、ツアーは続行され、ルートを直進から右折に変更したらしかった。

トラムに乗ってバス停へ。Tourist Information Centerにバス停に行くのにどのドラムに乗るのか尋ねた。助かった。トラムは3番に乗り、アメリカ大使館まで着いたら10分ほど歩くといい。1番トラムならバス停まで着くが、あまりにも本数が少ない。

モスタルへ。バスは11:30-14:30の三時間かかった。

着いて早々、この集合住宅。バルコニーがアンバランスで不安になる。それに、穴ぼこだらけのようにも見える。

観光地も何も知らないので、彷徨を始めるほかなかった。

ここにも日本のバス発見。日本はボスニア・ヘルツェゴビナにも寄付していたのか。

何もない。もうマルクがなかったが、ATMで新生銀行のカードは使えなかった。困った。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争のあとだ。悲惨だ。

歩いていると川を発見。

紛争後が目立つ。





猛暑でバテて、仕方なくベンチで休んだ。

また日本のバスだ。 建物も荒れ果て人も全然いない町中を元気に走っていた。励まされた。


洗剤と水とりのゴムを持った少年が、赤信号で止まる車を掃除していた。しかし、誰も駄賃をあげないので、少年はふてくされていた。

途中、"Old Bridge"とかいう文化遺産があるらしい看板を見たので、 その方向に歩いてみることにした。
 それまでは人通りも少なく、金銭や命狙われたら助からない心地がしていた。

観光地に着いた。


これが橋か。












お金が足りなかったので、ここで両替。とても助かった。ちなみにTourist Information Centerもあったけど人がいなかった。


この観光地ではユーロも使える。

平均年齢60超えていたであろう日本人 のパッケージツアーに混ざった。ガイドもついて気分上々だ。




お腹もすいたのでご飯。観光地を出ると安いお店があった。観光地は、混んでいるし、高い。写真はヘルツェゴビナのビールらしい。ボスニア・ヘルツェゴビナの北側がボスニア、南側がヘルツェゴビナだ。


メニュー右上のもの頼んだ。こちらの肉は、ジンギスカンのような生臭い牛肉をハーブでごまかしたような味がする。よく言えば、ソーセージのような味がする。ラム肉だったのかもしれないが、前日にセルビアのBelgradeでBeefと言われて出されたものも、似たような味だった。

バス停から観光地までは徒歩10-15分ほどだった。バスまで時間があり、あまりにも暑いのでオレンジジュース。生き返る。ちなみに、ここのWifiはcoffee bar "2": espressoです。


 18:15 バスが出た。ボスニア側のサラエボとヘルツェゴビナ側のモスタルの間は山脈があり、トンネルを何度も抜けた。こんなところでもバスはとまって、人を乗り降りさせる。こんなところで降りた人は、家がこんなところにあるのだろうか。車が近くに停めてあるわけもないだろうし、不思議だ。人の住む町も通ったが、子どもは学校に行っているのだろうかと疑問に思った。
 20:50 サラエボに着いた。降りて早々、方向を逆にして歩いたり、バス停近くで野良犬の集団を見かけたりして恐ろしい気持ちになった。アメリカ大使館前でトラムは待っていたが、来ない。よく見れば、前方の線路にトラムが止まって動かない。何かあったのだろうか。バスに乗って。1.8KM払い、ラテン橋まで行った。ラテン橋近くの公園横から出ているトロリーバスに――待つ人々に尋ねて合っているか確認し――乗って、イストチノ・サラエボに着いた。トロリーバス、料金は1.8KMらしいのに、10KM渡したら7KMしか戻ってこなかった。どうせコインがあっても要らないので、いいのだが、言葉が通じない僕にイライラしていたし、感じが悪かった。ちなみに、チケットなくすとペナルティ50KMらしい。


 トロリーバスの終点からバス亭までは10分ほど歩く。全然わからず、暗い夜道でおしまいかと思った。



マルクが余ったのでバス待ちながらビール3本飲んで水も買った。


イストチノ・サラエボからノヴィ・サドまでの乗車時間は、23:15 - 5:30でした。1時ぐらいにパスポートチェックで起こされます。ボスニア・ヘルツェゴビナの入出国ゲートと、セルビアの入出国ゲートの間には距離があり、バスが1分ぐらい走るのだけど、あそこはどこの領土なのか。もし、国の間で客死したら、どうなるのだろう。

使ったお金

  • 博物館の入場料 4 BAM
  • モスタルへ行くバス 20 BAM
  • 水 0.80 BAM
  • 食事 4 EURO
  • 水 0.80 BAM
  • オレンジジュース 2.5BAM
  • アイス 0.5 EURO
  • サラエボに戻るバス 20BAM
  • トロリーバス 3BAM
  • ノヴィ・サド行きバス 40BAM
  • ビール2BAM
  • ビール2BAM
  • ビール2BAM
  • 水 1BAM

項目別にすると
  • 食費: 11.1 BAM + 4.5 EURO
  • 交通費: 83 BAM
  • 博物館: 4 BAM

合計にして98.1 BAM + 4.5 EURO = 6880 + 611 = 7411円


コメント