9月13日の勉強 étude du 13em septembre, 2015

2015年9月13日の勉強記録。



英語


フランス語
  • 星の王子様 第九章
    • 読んだ。45min. 
  • lang-8
    • 仏作文。
  • NHKまいにちフランス語
    • 入門編9月1日放送分。非常に易しい回だった。
ドイツ語
  • NHKまいにちドイツ語
    • 入門編9月1日放送分。久々にドイツ語に触れてみましたが、基本的な文法も単語もかなり忘れており、ついていけない。スクリプトがないとやりづらい。このまま本講座だけ継続するなら、意味があるのか疑問だ。ただ、オープニング、エンディングがバッハという選曲がすばらしい。

今日、雷雨がひどかった。オフィスに勉強の本が置いてあるのだが、傘はオフィスに忘れたし、とても行ける天気ではなかった。本は進まなかった。代わりにベルグソンの時間と自由を読み進めた。

Scientific American

樹脂についての記事元の論文は
自己修復の検証動画は
 記事を要約すると、

 ミシガン大学のTimothy Scottチームが自己修復するサンドイッチ型の素材を発明した。中には感熱樹脂があり、穴が開くと、中から液体が出てきて穴を1秒以内に埋める。地上での銃弾の検証は済み、あとは宇宙レベルの気圧で検証する必要がある。実用的には、宇宙ステーションの防御壁のバックアップに使える。宇宙に何か打ち上げるには1ポンド当たり1万ドルかかるので、このとても軽い素材は経済的にも最適だ。

とのことだ。元論文のabstructもあわせて読むと、液体が酸素に触れると、Thiol-ene (チオール-エン) 反応によってすぐ修復する。そして、今回の素材は、修復がこれまでのものより特段早いことに特徴がある。だからこそ、宇宙ステーションの話が出てくる。スペースデブリ (宇宙ゴミ) が宇宙ステーションを突破すると、大事な酸素が穴からただちに漏れてしまう。一刻も早くその穴を塞ぎたい。塞がなければ死んでしまう。そのために、このような樹脂は適しているというわけだ。



星の王子様

 星の王子様については、これら原書、訳文、音声、活用、辞書が手に入る。
第九章は32分06秒-34分50秒




Bach Italian Concerto movement III

コメント

人気の投稿