AC Cahors 113本目

 3EURほどのワイン。 こちらの赤ワインは濃い黒。ブフ・ブルギニョンを作るために安価なワインを探していて、購入した。コルクは薄いプラムのような香り。味わいも独特で、プラムのような味。ベリーでもいちごでもない。舌触りはざらついている。タンニンの苦味が強い。重いボディだ。

  AC CAHORS. フランス南部、ミディピレネー地方、ロット県の県庁所在地だ。ケルト時代から栄えたが、中世には衰退して18世紀には大学を失い、今では中世の町並みを特徴とした観光都市となっている。
 
 ワイン作りは古代ローマ時代BC50には始まっていた。

 AC Cahors は赤ワインだ。Cahorsで作られる白、ロゼはVin de Paysを与えられている。

 AOCの規定では、マルベック (Marbec) という品種を70%以上用いるという条件がある。地元では"Côt", "Côt Noir" or "Auxerrois"などとも呼ばれている。残りの30%以下はメルロー、タナで補填される。

参考

コメント