ワイン: APPELATION BERGERAC CONTRÔLÉE 31/100

さきほど買ってきたACベルジュラック地方のワイン。

ACというのは、生産地管理制度というAOCを満たしたものという意味です。何だその制度はって?だって、十勝カマンベールが東京で作られていたら嫌でしょ?生産地を偽造されないための制度なのです。ワインは同じ品種で同じ地域でも、垣根を超えれば味が変わる。

ベルジュラックはフランス南西部、ドルトーニュ県で、ドルトーニュ河の中流域で生産されています。

 AOCの中では手頃な方です。3.43EURでした。
 葡萄は調べたところ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローを中心としています。今回のワインのラベルにもt品種は地元にypicalとしか書かれていません。品種がきちんと書かれているのはアルザスぐらいなのでしょう。
 このワイン、果実香がし、味わいもブラックベリーのよう。苦味は一切なく、ジュースみたいに飲める。といっても、果実香か味わいのあまりの強さに、ゴクゴク飲めるわけではない。この香り、味わいは何だろうと思いつつ、数口飲んだらグラスを置く。飲みやすいと思います、対照的には、ボルドーの多くは重く、タンニンの苦味を感じますが、こちらはライト・ボディで飲みやすいです。飲みやすいといっても、味わいの好みは人によって分かれますが。
 友人にも分け、数時間で空になりました。比較的赤の中では飲みやすいものでした。

コメント

人気の投稿