CHÂTEAU YON-FIGEAC 2012 GRAND CRU CRASSÉ (AC SAINT-EMILION GRAND CRU) 127本目

初めて格付けワインを買ってきた。18.95EUR。Alc. 14.5%



CHÂTEAU YON-FIGEAC 2012を買ってきました。ボルドーワインで、サン・テミリオン地区のAOCです。サン・テミリオン地区の格付けでGRAND CRU CRASSÉにランク付けされています。サン・テミリオン地区の格付けを復習すると、

GRAND CRU CRASSÉ A: 4シャトー
GRAND CRU CRASSÉ B: 14シャトー
GRAND CRU CRASSÉ   : 64シャトー

です。これは2012年の格付けで、2015年の今も更新されていません。ワインの格付けって、半分以上の特典は試飲て決まりますが、もっと科学的に採点できないものか。人間の判断よりも、定量的に分析した方が納得するのだけど。

ソムリエ試験では、AとBの合わせて18シャトーは覚える必要があるらしい。

ここのシャトーについては、シャトー・ヨン・フィジャック 詳解|ろくでなしチャンのブログにも紹介されています。

この2012年のものは、ベリーのような果実香があり、深い味わい。タンニンが強く、辛くて、収斂性がある。強いアルコールが鼻を抜ける。個人的には、あまりおいしいと思えない。舌のうえで転がすのに耐えうるけど (水のようなワインは、口に入ると味わいもなくすぐ飲んでしまう)。作付はメルロー83%, カベルネ・フラン13%, プチ・ヴェルドー4%です。



コメント