2015-09-09

Henri de Navarre AC JURANÇON 2014 112本目

Jurançon の2014年。7.4EUR. 

ジュランソンは半甘口、極甘口のワインで知られる。Putit Mensang, Gros Mensang を配合したものの中には、ソーテルヌに匹敵するものもあると言う(Wikipedia)。

コルクは香りが薄い。木の香りがまだ残っている。美しく透き通る黄金色。ラベルにフルーティとあるが、強い酸味が舌の中心と先端で刺のようにしびれる。甘さと酸味が強い。グラスをまわすたび、フルーティな甘い香りが増す。ソーテルヌほど甘くはない。それよりは、柑橘系の果実のような酸味が印象深い。舌に切れた怪我があったら、しみそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

飲食店への商品持ち込みを批判する人への反論

持ち込み商品の反対意見について反反論がある。持ち込み商品については、それはマナー違反だからと言う人が多い。商品を持ち込んでいる客がいると、注意したところでバイト代の上がらないバイト、給料の上がらない正社員は注意をし、さらに周りの客でも注意をする人がいる。彼らにその理由を聞くと、「...