ワイン試飲会1日目 Salon des Vins à Thoiry ワイン32-60本目

隣町のRhòne-Alpes地域圏Ain県Thoiryで開かれたワイン試飲会 Salon des Vins へ行ってきました。
こう。

2015年9月8日追記 2日目はこちら

 ワイン試飲会は4-6日の三日間にかけて行われます。48ワイナリーの方々がはるばる遠方からやって来ていました。参加費は無料で、グラスは各ワイナリーが用意しておりました。
 住民の方々は、一年間に消費するワインをこの日にまとめて買っていくそうです。たしかに、皆さん段ボール箱ごと大量に購入したり、配達のお願いをしておりました。
 会場はメイン会場、仮設会場に別れておりました。
リンク



会場ではワインを試飲しながらコメントを記しておいたので、それを転写しておきました。仮設会場からまわりました。各ワイナリーは、そのワイナリー一つをとっても、品種や収穫年の違いで、10種類ほど持ってきておりました。僕は、そのうちの1個か2個を主に試飲していきました。下記には、ワイン100本ノルマのカウントも合わせて記しました。たくさん飲んでいくうちに気が付きましたが、赤ワインの炭のような香り、味わいは、世間一般でフルーティだと形容するのですね。自分はベリーと炭でも間違えたのかな。

訪れたワイナリーの順番. イベントのワイナリー通し番号. ブース名, 地域名
1. 42 Bière du Pays de Gex, Pays de Gex
なぜここにビールが。若干顔を渋くするビールだった。
これはビールなので、ワイン100本カウントには数えない。

2. 44 Saint-Emilion, Bordeauxt
とても飲みやすい。水のよう。渋みもあるが、嫌な感じはしない。32本目。ワイナリーのおじさんは、昨日、飛行機で着いたばかりだと話していた。

3. 45. Monbazillac et Bergerac, Sud-Ouest
Merlot 96%, Cabernet Franc 4%. とてもフルーティ。香りが豊か。33本目。

4. 46. Pouilly-fumé, Loire
Cabernet Sauvignon 100%. 辛さもなく、かおりもきつくない。何にでも合う。34本目。

5. 47. Côteaux du Libron et Cartagène , AOC St Chinian, Langudoc-Roussillon
Syrah 100%. 飲みやすい。やわらかい。のみすぎてしまいしまいそう。香りは弱い。35本目。

6. 48 Condrieu St Joseph, Rhône
こちらのワインは全てSyrah. 炭のような、ベリーのような味わい。36本目。

7. 24. Vosn-Romanée, Bourgogne
Pinot Noir. フルーティ。色が薄い。何かを飲んでる感じがしない。37本目。

8. 25 Sauternes, Graves, Bordeaux Supérieurs, Bordeaux
Merlot, Cabernet Sauvignon の AOC Graves. 嫌みのない味。何にでも合いそう。苦味もない。気が付けばグラスが空になる。20EUR. 38本目。

9. 27. St. Véran, Pouilly-Fuissé, Bourgogne
ALLIANCE 13.5EUR. 若干の酸味がいい。食べ物がほしくなる。39本目。

10. 28 Chablis, Bourgogne
2013 Fleurs de Chêne Vieilles VignerVV
白。うすい色。味やかおりは弱い。酸味や辛さはない。40本目。

11. 28 Vins bio: Anjou, Cabernet Coteaux de l'Aubance, Loire
Anjou Gamay. 炭というかフルーティというか、驚いた。初めて炭のような香りや味わいの強いのワインのワインだった。でも飲みやすい。41本目。
Cabernet Sauvignon こちらも土や炭のような香りがするが、Gamayよりは弱い。ふつう。42本目。

12. 29 Bordeaux supérieur rouge - Bordeaux blanc - Bordeaux rosé, Bordeaux
おじさん気さく。どちらがいいかと聞かれ、赤を頼んだら、「白が最初がいい」と言われ、白になった。Sauvignon Branc. 7EUR. フルーティ。とてもおいしい。これは好きだ。若干の酸味が食欲をそそる。買おうかとも思った。おじさん、寿司にも合うよと言っていた。おじさんは寿司食べないらしいが。43本目。

13. 30. Côtes du Rhône et Côtes du Rhône Village, Rhône
Syrah 100%. 50EUR. 炭の様で、フルーティで、香りもとてもよい。とても楽しめる。この香りは、28番のワインを思い出した。44本目。

14. 31. Vins Italiens, Vins étrangers
外国の (étranger) ワインという分類にあったイタリアン。赤。写真あり。Gastelburio D.O.C.. Alc. 14.5%. とても赤ワインらしい。渋み、苦味があり、楽しめる。45本目。

15. 32Châteauneuf du Pape, Rhône
白。酸味強くてげろみたいだ。わからない。46本目。
赤。Châteauneuf. 炭、フルーティ、酸味。Vagnèr, Grenache, Rossanne, 22.5EUR.47本目。

16. 33. Vins des Pays de l'Ain, Pays de Gex
Pinot Gris. 勤勉そうな店主だ。そろそろ味がよくわからなくなってきた。フルーティさもある。ちょっと酸っぱい。赤ワインに見られるような、炭っぽい味わいがある。ベリーというべきか。48本目。

17. 34. Vins fins et Eaux e Vie, Alsace
Gewurztraminer 2012 10EUR フルーティ。aperitifにもいいという。49本目。
Gewurztraminer 2011 28EUR これはすごい。デザートだ。甘い。おいしい。僕が最近、Alsaceワインばかり試していたのは、このような素晴らしいGewurtzraminerに出会ったことがきっかけだった。50本目。ブースの女性もとても感じがよい。この年のワインは最高の出来だったと自信ありげだった。
Cremant d'Alsace normal 9.5EUR. 辛い。半分しか飲まなかった。炭酸があるといっても、この辛さは好きではなかった。何かサッパリした食べ物と合わせるべきか。51本目。

35は飛ばしてしまったかもしれない。

18. 36. Mernges, Chassagne, Montrachet, Bourgogne
AC Mernges Premier Cru LA FUSSIERS 店主とその息子っぽい二人でブースやっていた。フルーティ。炭の味。味わいは弱い。しかし香りがとても豊か。52本目。

19. 37. Médoc, Cru Bourgeois, Bordeaux
Merlot 50%, Cabernet Sauvignon 50%. 2012. フルーティさが強い。舌の上で転がすと味わいが変わっていくようだ。香りとてもよい。11EUR. 53本目。

20. 38. Champagne, Champagne
Brut tradition. Chardnnay, Pinot Noir, Pinot Mounier の3種. 13.8EUR. からい。炭酸がやわらぐ。54本目。
Reserve 上記をもう一年間寝かせたもの。品種は同じ。ぶおうの甘みがひきたつ。すごい。おいしい。一年間違うだけで、こんなに変わるのかと驚いた。15.10EUR. 55本目。お店の女性の感じもよかった。僕のように若いうちにワインを飲むことはすばらしいと言っていた。多くの若い人は、ただ強いお酒ばかり好むかららしい。

21. 39. 39 Cahors, Sud-Ouest
Cuvée Elegance AOC Cahors 2009. 8.5EUR.かおりとてお強い。味わい広がり、苦味もなく、のどをよくと通る。56本目。

22. 40. Madiran, Sud-Ouest
2006 Latreille Sounac. 13.5EUR. Tannar 70%, Caberet franc, Cabernet Sauvignon, Pinenc. お店の人が親切で、紙に品種を書いてくれた。TannerとPinencを聞いたことがなく、聞き取れなかったためだ。味は、メモしそこねてわからなくなってしまった。57本目。

23. 41. Bourgogne Hautes-Côtes de Beaune - St Romain Meursault - Pommard 1er Cru - Santenay 1er Cru, Bourgogne
AOC Monthélie. かおりつきの水のようだ。Alc. 13%. 土や炭のようなフルーティ感。飲みやすい。でも、香りが強すぎるかもしれない。そのため、一口で十分だと感じた。58本目。

24. 15. Cognac et Pineau des Charentes, Sud-Ouest
2005 V.S.C.P. 18EUR. やわらかい。
1990 Napléon 28EUR. 強い。棘の様だ。
1962/3 Hémitage これは前の二本と全然違うと店主が話していた。たしかに、飲んだら全然違った。これだけアルコールが弱いのかと思って尋ねたら、Alc.は全部40%だった。飲みやすい。
1955 Grand Champagne 60年ものだ。水みたい。すごい。しかし、数口飲んでいたら、アルコールは強く感じるようになった。
これら4本はコニャックなので、ワイン100本カウントには数えないこととする。

25. 14. Bugey, Bugey
赤。Pinot Noir. 炭っぽさがフルーティと形容されているのだと、ここで漸くわかった。香りのいい炭。7EUR. 59本目。

26. 13. AOC Montlouis sur Loire - Touraine, Loire
Montlouis Moelleux "Les Vallées" 2014. 16EUR. とっても甘い。そこに合わさる酸味が合う。いい。しかし、若干酸味が強すぎるか。60本目。

今日は24ワイナリー29本のワインと、1ビール醸造所1ビール、1蒸留所4コニャックを飲んできた。あっという間の2時間半であった。最高以外の言葉が見つからないな。明日も行こう。















高級コニャック60年もの。





帰り。人が全然いない町。


自分のためにもバスの時刻表を上げておく。行きでは、バスが10分遅刻で来たと思えば、通り過ぎてしまい、待っていた人は走ってバスに追いつき、扉を叩いていた。運転手は、あまりの遅刻に、時間を回収するために客を無視して先へ進むよう指導されていたのだろう。待っている側からしたら驚くが、遅延を解消するコツだ。




コメント