モルネーソースのグラタン

モルネーソースのグラタン。ベシャメルソース(ホワイトソース)に卵黄と粉チーズを加える。ハードチーズがよいのだが、今回は手元にあったグラナ・パダーノを使った。


小麦粉とバターを等しい質量とり、まぜて炒める。するとルーと言われるものができるので、牛乳を少量ずつ加え、ダマに気をつけつる。これでベシャメルソースができあがる。火からおろし、粗熱をとって、卵とチーズを入れて混ぜた。ソースができあがった。写真のソースにフジリ(ねじ巻き状の)パスタを加えて、まぜて、グラタン皿にうつした。

中にソースを残すようにして完成させた。オーブンは230度で10分間。完成したら、パセリを散らせて出来上がり。パセリはオーブンに入れる前に使ってもよかったのかもしれない。

前回は小麦粉が多くて、全体的にボソボソしてしまったのだが、その反省点をいかして、上手に作った。牛乳を事前に別の鍋で温めたり、その際にベイリーフや香味野菜を一緒に煮込んだり、濾したりすると、なおよいらしい。手間なのでしなかった。また、ナツメグは乳製品の臭みを抑えるらしいので、使うとよさそう。

コメント