牛肉の赤ワイン煮込み ブフ・ブルギニョン 失敗

10月11日だった。ブフ・ブルギニョンを作ろうとしていた。訳すと、牛肉・ブルゴーニュ。ブルゴーニュ地方の郷土料理だ。
材料を赤ワインに2晩つけて

炒めつつ、赤ワインを煮詰めた。ワインはローヌとkahorsの安いものを持ってきた。赤ワインは牛肉を柔らかくするらしい。こちらの煮込み用の牛肉は硬くてなかなか食べにくいので、柔らかくするのはとても大事だ。


ブーケガルニを入れるネギや紐がなかったので、そのまま投入。ブーケガルニに入っているけど、ローリエの葉っぱも投入。



トマトピューレを入れたらきれいになってきた

一晩以上弱火で煮込んでいるた。最初は牛肉が固かったが、だんだんやわらかくなった。牛肉は、加熱でいったん収斂して硬くなるが、その後は柔らかくなるというのは本当だった。フォークでおさえただけで崩れた。ここまではうまくいってた。

ここで失敗してしまった。 煮詰めすぎた。焦げてた。

 苦かった。惜しかった。またがんばる。



コメント

人気の投稿