ubuntu14.04LTSにpython3.4 virtualenv 仮想環境構築

これで動いた。python3にデフォルトで入ってるpyvenvをうまく呼び出すことができなかったので、virtualenvを入れた。他にもpyenvがあったが、とにかく仮想環境を使うことを目的としていたので、違いは調べていない。

今回は、
/usr/bin/myenv
に仮想環境を作った。以下に、仮想環境を作り、ライブラリを入れて、python内でライブラリがインストールされていることを確認し、仮想環境を出て、仮想環境を消去するまでの流れを示した。わかりやすさのため、ディレクトリを無断を変更する際も明示した。仮想環境の消去は、できあがったフォルダを削除するだけで澄んだ。

apt-getでインストールするとubuntu全体にグローバルに入るので、仮想環境内にライブラリを入れる際には、なるべくpipを使う。

user@pc:~$ sudo apt-get install python3-pip
user@pc:~$ sudo pip3 install virtualenv
user@pc:~$ sudo virtualenv /usr/bin/myenv // creating an environment
user@pc:~$ sudo cd /usr/bin/myenv
user@pc:~$ sudo bin/pip install numpy  // installing it locally in the environment
user@pc:~$ sudo bin/pip install --upgrade --no-deps git+git://github.com/Theano/Theano.git

user@pc:~$ source /usr/bin/myenv/bin/activate // moving into the environment
(myenv) user@pc:~$ python // launch python3 in the environment

>>> import numpy
>>> numpy.__version__
'1.10.1'
>>>exit()

(myenv) user@pc:~$ deactivate // exit from the environment
user@pc:~$ sudo rm -rf /usr/bin/myenv // remove the environment

14.04 - pyvenv-3.4 error: returned non-zero exit status 1 - Ask Ubuntu
python 3.x - Install numpy on python3.3 - Stack Overflow

コメント

人気の投稿