ポーランド、リトアニア旅行1日目 ワルシャワ Dec. 4-6



2015年

12月4日 早朝ジュネーブ発った。朝11時ごろワルシャワ着。ショパン博物館へ。夜行バスでリトアニアへ。
12月5日 早朝、リトアニアのヴィリニュス到着。旧市街を観光。夜行バスでワルシャワに戻った。
12月6日 早朝、ワルシャワ着。電車でクラクフへ。少し観光した後アウシュビッツへ。夕方、ワルシャワへ発ち、空港泊。
12月7日 早朝の飛行機でジュネーブへ戻った。


ポーランド空港から中央駅まではバスで15分ほどです。乗車券は4.4zł(ズウォティ。国際通貨単位はPLN). 30倍すると日本円になるので、約150円です。

この日のリトアニアまでの夜行バスの予約をまず済ませることにしました。鉄道の中央駅から国際バス・ターミナルまで歩くと20分ほど、路面電車で3駅ほどです。昼ごろでしたが、高緯度のため陽は高くのぼらず、さらに曇り空だったので、外はものすごく寒かったです。そのときの気温はわかりませんが、今このブログを書いている翌日のワルシャワの最高気温は5度でした。

バスの中央駅

手こずりながらバスの予約を済ませました。ワルシャワからヴィルニュスまでのバスは満席になることもあるみたいなので、予約しておくのがおすすめです。片道65PLN (約2000円) でした。

このあとはショパン博物館へ行ったあとに旧市街を散策する予定をこなしました。


途中で見つけたポーランド料理店に入りました。この旅はポーランド料理をたくさん食べることにしていました。実は、ポーランド料理はとても美味しいのですが、東京にはポーランド料理のレストランは一店もないのです。食材も手に入りにくい。

ビール

ジュレック żurek (発酵したライ麦の上澄み汁)


器のパンも食べられます。


ロシア式ピエロギ



ビール、スープ、ピエロギで54.5PLN (1670円) でした。

ショパン博物館。旧市街から10分ほど歩けばつきます。空港の客引きタクシーは、「旧市街からショパン博物館は50kmあり、わかりにくい場所にあるから公共交通機関も徒歩も使えないのでタクシーで送る」とか言っていたが、信用しなくてよかった(嘘ついて客から金とるのは詐欺じゃないか)。

入場すると合唱していた。曲の合間に奥へと進む。

ショパンの『革命』自筆譜

館内はハイテク技術を駆使したからくりが多い。写真中央の透明な壁に囲まれたところは、そこで入場時に渡される白いカードをかざすと、ショパンの曲を聞くことができる。
ページをめくると、曲が流れる。ページ右上のバーコードを上のカメラで読み取っているらしい。

音響施設など。映像はアムランによる舟歌だった。

当時流行っていたピアノの練習方法。下の画像のように、10本の指をリング通して吊るしながら演奏する。たしか、シューマンはこの練習で指を痛めてピアノが弾けなくなり、もっぱら作曲家として活動を始めたと昔読んだ。


入り口まで戻ってきた。ドレスに身を包んだ人が見える。何を歌うのだろう。

旧市街へ向かう頃には既に日が暮れていた。12月上旬のポーランドの日没時刻を調べると、午後3時半だった。

薄暗い通りばかりで、見るものもなく、観光のしがいがない。


クリスマスっぽい。


退屈だし猛烈に寒いのでレストランに入った。店員によれば、ポーランドのクリスマスはオレンジでデコレーションするのが普通らしい。しかし、調べてもそのような記事が見当たらない。

このあたりから、スマートフォンが壊れたことに気が付き、カメラレンズの調子の悪いタブレットで撮影した。

バルシチ (barszcz, 発酵したビートの上澄み汁)。ポーランドではスープが第一の食事、メインが第二の食事と言われるほど、スープの評価は高い。
ポーランドの民族衣装を着ていたけど、ぶれてしまった。
ザワークラウト。ポーランドは西欧や東欧からの料理が入ってきたので、こういったドイツ料理も目にする。


ビール、ザワークラウト、スープで45.97PLNでした。旧市街のレストランです。

おみやげ屋は青が器が多い。

ロシアを思い起こす人形。金髪双眼に赤い唇。

きのこのスープ (zupa grzybowa)
黒茶色のものがポルチーニ。日本では食べることがないが、風味が豊かでとてもおいしい。ポルチーニはポーランドの産出がほとんど。

ビゴス。ザワークラウトや肉を炒めたり煮たりしたもの。これもパンに入って出てくるとは。



サービスでリキュールくれました。何のリキュールだったか忘れた。

こちらのレストランでした。54PLNでした。

ちょうどよい時間になってきたので、国際バスの乗り場へ向かいました。鉄道の中央駅より更にトラム数駅だけ遠い。




鉄道の中央駅あたりまで来て人に尋ねると、バスはここにも止まるとのこと。待ってみると、たしかに目当てのバスが到着して、乗ることができました。時刻は21時半。

充電器も備えられており、助かりました。


一日目 (ポーランド, PLN)
    交通費
        バス 4.4
        バス 65 (リトアニア行き)
        合計 69.4
    食費
        ランチ 54.5
        夕食 45.97
        夕食 54
        合計 154.47
    その他
        ショパン博物館 13 (学生料金)
        合計 13
    合計  236.87ズウォティ (7,250円)

コメント

人気の投稿