ポーランド、リトアニア旅行3日目 クラクフ、アウシュビッツ Dec. 4-6



ポーランドのクラクフ、アウシュビッツへ行きました。


2015年

12月4日 早朝ジュネーブ発った。朝11時ごろワルシャワ着。ショパン博物館へ。夜行バスでリトアニアへ。
12月5日 早朝、リトアニアのヴィリニュス到着。旧市街を観光。夜行バスでワルシャワに戻った。
12月6日 早朝、ワルシャワ着。電車でクラクフへ。少し観光した後アウシュビッツへ。夕方、ワルシャワへ発ち、空港泊。
12月7日 早朝の飛行機でジュネーブへ戻った。


夜中、夜行バスでリトアニアのヴィリニュスからワルシャワに移動しました。9pmに乗って 5amに到着。乗車時間は8時間。

このタイプの電車は映画でしか見たことがなかった!廊下があって、各室に分かれてる。

300kmを3時間乗ってクラクフに着きました。値段はメモするのを忘れてしまいましたが、90ズウォティほどです。

クラクフ旧市街は駅からすぐ近い。ワルシャワは駅と旧市街が離れていて不便だった。




まだ9時ごろ、街並みを見飽きて、寒かったので、営業始まったばかりのレストランへ。他の客は写真右下の日本食 (サケ、ご飯) をいただいていた。

ポルチーニのスープ。どろどろしていて濃厚だ。21.9PLN。ビールは11.9PLN。ちょっと高めのレストランだった。





クリスマスマーケットが始まっていた。




 オスカー・シンドラーの工場に向かった。

トラムの乗り場まで車道をまたぐ設計。ちょっとひどい。

券売機はコインしか使えず、コインを持っていないのに乗車していたところを運悪く検閲に見つかり、120PLN (3600円) の罰金を支払った。「自国では券売機が外にあるからわからなかった」などとアホな言い訳をしてみたが、「政府が決めてることだから仕方ないんだ。ポーランド人の場合は200PLN支払うから、まだ旅行者はマシなんだ。」と言われた。

スピルバーグによって映画化された『シンドラーのリスト』

オスカー・シンドラーの工場は、現在は博物館になっており、とても広い。急いで見学したが、1時間はかかった。


 工場やオスカー・シンドラーに関わるものは、このテーブルや、画像下のタイプライターぐらいだった。






オスカー・シンドラーの工場

これでクラクフでしたかったこと、旧市街の散策とシンドラーの工場を終えた。昼時になって賑わう旧市街を通ってクラクフ駅へ戻った。













クラクフ駅は、鉄道駅とバス・ターミナルが隣接している。ワルシャワでは数駅分離れていて不便だった。バスターミナルでは、オシフィエンチム駅までのバスに乗ればよい。ドライバーに「アウシュビッツに行きたい」と話していれば、アウシュビッツ前で降ろしてくれる。クラクフからアウシュビッツまでは1時間半で着いた。12PLNだった。




アウシュビッツに入場するとき、時刻は13時56分を指していた。入場が14時まで、閉館は15時半というのはこのとき知った。ギリギリだった。ポーチ程度の 小さなかばんのみ持ち込める。


アウシュビッツの入り口。

門前では脱走しようとして銃殺された人が見せしめに放置されていたらしい。他の囚人を脅すためだ。

各建物では、囚人たちの生活の様子や、オランダで2/3のユダヤ人が連行された背景ことなどがわかるようになっている。

左から二番目が10歳のアンネ・フランク

6歳のアンネ・フランク。

オランダに降りるドイツ軍の落下傘隊。

ドイツ軍侵攻のニュースを知るオランダ人。オランダ軍はドイツ軍に敗れ、材木や資源はみなドイツに持って行かれ、車、自転車、路面電車は全てドイツに持って行かれ、ドイツまでのレールも敷かれ、オランダ人は強制労働を強いられたらしい。暖房のないオランダの寒さは壮絶で、家の支柱を燃やしたりする人もいたらしい。自分が冬にアムステルダムに行ったときは、寒さのあまり頭が痛くて、足の感覚もなかった。





10号館、11号館の間で多くの処刑、主に銃殺が行われた。





戦後、ポーランド最高裁判所は判断した戦犯の処刑が行われた。

ガス室。囚人のパニックを抑えるために、シャワーだと言ってガス室へ連れて行った。

急いで見学したので1時間ほどで見終えた。ビルケナウへ行く時間はなかった。アウシュビッツのまわりでは、数社がクラクフ行きのバスを停めている(各社一時間に一本ほど)。チケットは乗車時にドライバーから買う必要があるので、ズウォティを現金で持っていなければならない。自分は現金がなかったので、アウシュビッツ内にATMでおろした。

クラクフへ戻った。ワルシャワ行きの電車のチケットを買ったが、乗車まで1時間しかなかったので、クリスマスマーケットで簡単に夕食を済ませた。お菓子は4PLN, ご飯は8PLN, 肉料理は20PLNなど。


















電車5時間ほど乗ってワルシャワに戻り、空港泊してジュネーブへ帰りました。ワルシャワは夜間もバスが運行しています。空港まではN32番バスが1時間に2本出ていました。

かかったお金

一日目 (ポーランド, PLN)
    交通費
        バス 4.4
        バス 65 (リトアニア行き)
        合計 69.4
    食費
        ランチ 54.5
        夕食 45.97
        夕食 54
        合計 154.47
    その他
        ショパン博物館 13 (学生料金)
        合計 13
    合計  236.87ズウォティ (7,250円)

2日目 (リトアニア, €))
    交通費
        バス14.4 (ワルシャワ行き)
        エレベーター 1.5
        合計 15.9
    食費
        水と春巻き 3.2(売店で買った朝食)
        ショコラティエ 1.9
        リキュール 5
        ランチ 9.45
        夕食 12.4
        合計31.95
    その他
        KGB博物館 2
        合計 2
    合計 49.85 € (6,630円)

3日目 (ポーランド)
    交通費
        ワルシャワ-クラクフ列車 50 (メモ忘れたのでだいたいです。)
        クラクフ-ワルシャワ列車 50 (〃)
        クラクフ-オシフィエンチム バス 12
        オシフィエンチム-クラクフ バス 12
        合計124
    食費
        朝食 33.8
        クリスマスマーケット 35
        合計 69.3
    その他
        シンドラーの工場 16
        合計 16
    合計 209.3ズウォティ (6410円)


    

コメント

人気の投稿