一日一冊生活を続けて一週間経った

当初は三日坊主で終わるかと思ったので、まずは三日間を目標にした。まず三日間はクリアした。そこで、目標を延長して一週間にしてみた。すると、一週間もクリアした。今ではもはや一日一冊が習慣となった。朝起きると、日々のスキマ時間のどこに読書を入れるかを自然と考えている。この調子で、他のノルマも習慣化していき、自分に対する負荷をちょっとずつあげていくつもりだ。

現在はまだ、読みやすい本しか読んでいないが、読解時の理解力やスピードをあげていき、質も量も重い本、たとえばダグラス・ホフスタッター(1979)『ゲーデル、エッシャー、バッハ』のような本も一日で読めるようになりたい。

この取組には、パレートの法則を時間の効率に適用する人がいることを参考にしている。即ち、時間をかけて完璧を目指すのではなく、荒っぽく20%の労力で80%の課題達成ができれば十分だと考えている。

コメント

人気の投稿