[Raspberry Pi] 無線LAN子機 (BUFFALO WLI-UC-GNME) を接続してssh通信する

Raspberry Pi Type Bを無線LANに接続する。無線LAN親機はY!MobileのPocket Wi-Fi

BUFFALO WLI-UC-GNMEを買う。

当初, ELECOMの「小型無線LAN子機 SDC-150SU2MWH」を購入したが、Raspberry Piが認識しなかった。

接続を確認

Raspberry Pi に BUFFALOの子機を指す。ターミナルにlsusbと入力すれば、BUFFALOのデバイスが接続されていることがわかる。


無線LAN設定


sudo wpa_passphrase SSID PSWD | sudo tee -a /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

を入力する。SSID, PSWDは自身のWi-Fiを指定する。そして, 生成された /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を下記のように編集する

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa/supplicant GROUP=netdev # 追加
update_config=1 # 追加
network={
        SSID="SSID" # 先ほど指定したSSID。
        #psk="PSWD" # 先ほど指定したPSWD。コメントアウトされている。
        proto=WPA WPA2 # 追加
        key_mgmt=WPA-PSK # 追加
        pairwise=CCMP TKIP # 追加
        group=CCMP TKIP # 追加
        priority=2 # 追加
        psk=123456789abc... #先ほど指定したPSWDにもとづいて生成された暗号化パスワード
}

ブログによって、指定がCCMPのみだったり、proto=RSNだったりする。


インターフェース設定

/etc/network/interfaces

を開き, wlan0の項目を次のように編集する。eth0やwlan1には手を加えない。これで、Raspberry Piを立ち上げるとWi-Fiを探索するようになる。

auto wlan0
    allow-hotplug wlan0
    #iface wlan0 inet manual
    iface wlan0 inet dhcp
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
    iface default inet dhcp

ここでは動的にIPアドレスを割り振っており (DHCP, Dynamic Host Configuration Protocol), 接続するたびにIPアドレスは変わる。IPアドレスは

ifconfig

で確認できる。


再起動


sudo service networking restart

とする。ここで、もし

"Warning: Unit File of networking.service changed on disk, 'systemctl daemon-reload' recommended."

と表示された場合、

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa/supplicant GROUP=netdev
update_config=1

の二行を書き忘れていないか確認する。もしくは、他に何か間違いがあると思われる。

ネットワークの再起動ではなく、次のようにしてRaspberry Piを再起動してもよい。

reboot

とする。

確認

有線LANケーブルを抜き, もしくは抜かれていることを確かめ,

sudo ping www.google.com

のようにどこかへ ping を飛ばして無線確認する。自分の環境では, pingにsudoが必要だった。

Y!Mobile Wi-Fi ルーター につながった端末同士で通信させる

場合によっては、まだ端末間のpingやsshが使用できない。
Wi-Fiルーターのプライバシーレセプターを無効にする必要がある。
305ZTの場合、Wi-Fiルーターに繋がった端末から

http://192.168.128.1/

もしくは

http://web.setting/

にアクセスする。これは、Wi-Fiルーターの設定画面に記載されている。

アクセスしたら、設定をひらく。パスワードを求められる。初期設定ではadminがパスワードである。
プライバシーレセプターを無効にする。
設定を保存する。Wi-Fiルーターに繋がった各端末は自動的に再接続される。



他の端末からRaspberry Piにsshでログインする

Raspberry Piと同じWi-Fiルーターに繋がった端末からRaspberry Piにログインする。
Raspberry Piの側で

ifconfig

とすると、IPアドレスがわかる。wlan0の項目から
inet addr 192.168.xxx.xxx
のように書いてある。

他のWindowsやLinuxから
ping 192.168.xxx.xxx
とすると、pingを打てる。また, 初期設定のままであれば
ssh pi@192.168.xxx.xxx
パスワードはraspberryとして、sshでログインできる。Windowsの場合はCygwinを導入するとよい。ここでは、二通りの方法を示す。IPアドレスを固定する方法と、AvahiとBonjourを使う方法だ。どちらも試したので載せる。

i) IPアドレスを固定する
このままでは、IPアドレスが変わってしまう恐れがあるので、固定する。

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

は次のようにした。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
        ssid="305ZTa-7C1347"
        #psk="ぱすわーど"
        proto=WPA WPA2
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP TKIP
        group=CCMP TKIP
        priority=2
        scan_ssid=1
        psk=暗号化されたぱすわーどのながい英数字の列
}

また、

/etc/network/interfaces

は次のようになった。Raspberry Pi のIPアドレスは 192.168.128.204 に固定した。直前にdhcpで割り振られていたものを採用した。


# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)

# Please note that this file is written to be used with dhcpcd
# For static IP, consult /etc/dhcpcd.conf and 'man dhcpcd.conf'

# Include files from /etc/network/interfaces.d:
source-directory /etc/network/interfaces.d

auto lo
iface lo inet loopback

iface eth0 inet dhcp

auto eht0
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet manual

auto wlan0
    allow-hotplug wlan0
    #iface wlan0 inet manual
    #iface wlan0 inet dhcp
    iface wlan0 inet static
    address 192.168.128.204
    network 192.168.128.0
    netmask 255.255.255.0
    gateway 192.168.128.1
    broadcast 192.168.128.255
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
    iface default inet dhcp
    dns-nameservers  192.168.128.1

allow-hotplug wlan1
iface wlan1 inet manual
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf



ii) Avahiを導入する。
Raspberry Piで

sudo apt-get install avahi-daemon

としてインストール。sshする側のパソコンでは、Macなら何もしなくてよいが、WindowsならiTunesをインストールする。というのも、このホスト名によるアクセスはzeroconfという標準仕様によるもので、LinuxならAvahiを、MacならBonjourを使えばその標準仕様にしたがったホスト名によるアクセスが可能になるからだ。Windowsの場合は、iTunesをインストールすればBonjourがついてくる。ホスト名に.localがつくことに注意。初期設定のログインIDはpi, パスワードはraspberryなので、

ssh pi@rasybeprrypi.local
PW: raspberry

でsshログインできる。次の通りだ。

$ ssh pi@raspberrypi.local
pi@raspberrypi.local's password:

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Wed Jan 20 18:17:19 2016

参考

Raspberry Pi 無線 LAN 設定おぼえ書き - 離島プログラマの雑記
RaspberryPi - Raspberry PiをWLI-UC-GNMEで無線LANに接続する - Qiita

コメント

人気の投稿