株取引における利益確定と損切りの精神的問題

ようやく、自分が株で勝てない理由、勝てたときに買った理由がわかってきた。相場は精神的な問題が重要だということを再認識した。

ダメな点
・含み損を嫌がってすぐに売りたがる
・含み益になるとなかなか売らない
・今から上がる銘柄を確信しているのに、今のポジションを解消しないため資金を作れない

言葉にすると、愚の骨頂の行動だが、実際に正しく行動するのは難しい。

利益確定と損切りの精神的な問題

性格の問題であることに気がつくまで時間がかかった。トレードは精神力が大事というし、自分もそれぐらい備えていると思っていたが、それは自信過剰であった。

損は避けたいが、調子がいいときは欲が出るのが人間だ。利益確定が難しいことは諺や相場用語からもわかる。

大欲は無欲に似たり
Grasp all, lose all.(すべてを掴もうとすれば、すべてを失う)


利食い千人力
「予測が当たった、波に乗れた」としても、それで終わりではない。自らの判断で玉を増減することが可能であり、そして最後には自らの判断で手仕舞いをしなけれ ばならない。うまく乗れたら利を伸ばすことも大切だが、どこかで決断して手仕舞いしなければならず、その決定はすべて自分の判断に委ねられているのだから 難しい。
 損切りを決断するのがつらいのと同様、自分の売買が結果的に正しかったことを証明してくれている玉、つまり利の乗っている玉をな くすことには大きな抵抗を感じるものである。しかし、一定のところで勝ち逃げをして、ニュートラルポジションである現金の状態に戻らなければならないので ある。
本当にこれが苦手で損をしてきた。嫌な気分を味わってきた。BNF神はこう言っていた。
BNFですら3%で利益確定している。自分の場合、含み損だった銘柄が上がり、2-3%の含み益になるものの、更なる上昇を希望的観測し、急降下して損切りすることが多い。銘柄を持っているときと、銘柄を持っていないときで、予想が変わってしまう。銘柄を持っていると、客観的な判断ができなくなり、上昇を期待してしまう。

想定よりも下がり、含み損が増えると、うんざりし、損切りしてしまう。 うんざりする前に損切りし、より下で買いなおすべきだったのだ。そこで反発して上昇することもある。

ボラティリティや初動などを考慮し、利益確定の目標をつけるべきだ。利益が出たら早々に手仕舞いしてもよい。今は、資金の流れがとても速い。アルゴリズムのせいもあるだろう。

ポジションを手仕舞いして別の銘柄にインすること

手持ちのポジションを損切りできず、上がると見込んだ銘柄を買えずにいたことがある。実際にその銘柄は上がり、ポジションは送れて損切りした。実に下手糞なトレードだった。
上がると確信できるとはどういうことか、出来高が急増しているのに、ヨコヨコで、±2%しか変動しないものを探す。これは、蓋をして集めているために起きているので、近いうちに上昇する。仮に下がっても、それがふるい落としの騙しであることも多いことに注意。

10/18のオークファンは、底値圏で、出来高が多かった。蓋をして集めていたのは明らかで、翌日に急騰した。

3674 オークファン


銘柄の初動前に入る

初動を見つけたら、とにかく入ること。まだ上がっていないときでも勇気を出してエントリーすること。初動が騙しであったり、続かないこともある。そのようなときは、撤退する。続きそうなら、売らずに握っておく。というのも、躊躇して買わずに静観していたら上がり、後悔し、入るタイミングを見失うことが多いからだ。下の二つに乗れず静観し、後悔しながら引けで買った。

3765 ガンホー

6658 シライ電子 (仕手株)

おまけ: 1つの銘柄に全力するより、複数銘柄に分散させた方が精神によい

分散するより、一番上がる銘柄に全力するのが一番の利益を生むのは明白だ。しかし、全力すると、1tickの値動きごとに心臓がつぶれそうになる。これは、よく「億トレーダーになっても平然と取引できる人はすごい」と聞くが、それに近い。全力すると、100株や200株かけていたときにできた判断ができなくなる。値動きを追うだけであれば、購入した株に関係なく遂行されなければならないはず。しかし、どうにもできない。おそらく、人間は利益より損失を課題に評価する(カーネマン、プロスペクト理論)という点も原因の一つである。

関連書籍

コメント