ベトナム旅行 Ho Chi Minh City, Vietnam on March 14-16, 2016




3月の二週間アジア旅行 記事一覧
シンガポール旅行 Singapore on March 8-9, 2016
マレーシア旅行 Kuala umpur, Malaysia March 10-13, 2016
カンボジア旅行 Siem reap, Cambodia on March 13, 2016
ベトナム旅行 Ho Chi Minh City, Vietnam on March 14-16, 2016
インド旅行 India on March 16-18, 2016
タイ旅行 Bankgkok, Thai on March 19-21, 2016

3月14日
ベトナムに着くまでは大変だった。カンボジアのシェムリアップでバスに乗り、未明、プノンペンで乗り換えようのバスを待った。三時間も待つころには朝になった。他の旅行者も呆れて疲れて困惑していた。

朝、バス会社はトゥクトゥクを手配した。乗った先にベトナムへ向かうバスがあるらしい。たしかに、トゥクトゥクに乗って10分ほど行くと、人のほとんど乗っていないバスに着いた。そのバスに乗って10分ほどすると、またバスを乗り換えろと言われた。路肩でバスを乗り換えると、旅行者で満員のバスだった。ビールケースのようなものをバスの真ん中に置き、座った。

バスは国境に着いた。国境が朝まで閉まっているので、プノンペンで待たされたのかもしれない。国境を過ぎてしばらくすると、昼食になった。ベトナム・ドンを持っていないので、何も食べられなかった。他の旅行者はなぜベトナム・ドンを持っているのか。そして、道路を歩く牛や、田んぼを耕す牛、バイクで運ばれる豚を横目に、バスは砂埃を巻き上げ走った。夕方、ホーチミンに着いた。

疲れきっていた僕は、バスを降りると、すぐに声をかけてきたバイクのタクシーに乗った。ちゃんとヘルメットもついていた。レートを知らなかったので高いのか安いのかわからなかったが、乗った。ホステルに着き、ATMでお金を下ろして支払った。ホステルの人に聞くと、値段は適正らしかった。

泊まったのはこのホステル, Thuy Tien Hotel。受付の対応よく、値段は安く、充電もでき、立地も非常によかった。Ho Chi Minh Cityで最も活気のあるPham Ngu Laoという通りに面している。

着いて早速、ホテルの近くで夕食食べた。フォーです。

サイゴンビール、初めて見た。奥にある香草はノコギリコリアンダーっぽい。


街の公園で運動してた。




一緒のホステルの韓国人。知り合ったばかりだ。

サトウキビのジュース。店の中に大量のサトウキビがあった。




さらに食べた。

3月15日







バイクの数に圧倒された。ずっと見ていられた。


ベトナムはインフレ率が高く、表示が見づらい。213VND=1JPYです。


朝ごはんに近くのまあまあ安い店。日本円で200円ぐらいだったか。香草はスープに入れます。







なぜか街のホテルの前にオウムが飼われてた。


「ナゼ ワタシハ ココニ イルノカ」とか言いそうな顔。

ブン・ボー・フエを食べた。ベトナム中部の都市フエの料理だ。フォーと似てるが、ブン・ボー・フエの麺は丸く太い。



統一会堂。ベトナム戦争の最後、サイゴン陥落の舞台となった旧大統領府です。共産主義側の北ベトナム軍の1台の戦車がこの建物のフェンスを破り侵入したその瞬間、アメリカは諦め、戦争は終結しました。







鳥がいたのを動かそうとしてた。


暗くて見えないがコウモリがいた。








地下に行くと、司令室や作戦室があった。




戦争証跡博物館。War Remnants Museum. ベトナム戦争の記録が残る。
ホーチミンに来たら、統一会堂とここは行くべき。というより、他に行く観光名所がない。

ベトナム戦争に対する世界各地の反米運動。






よく見えるところに日本語がある。さすが、被爆国の言葉は重い。




水攻め

ヘリコプターから落とされている。


「全て焼け。全て壊せ。全て殺せ。」

多くの残酷な写真があった。ナパーム弾の少女の写真もあった。展示は、いかにアメリカが非人道的な残酷行為をしたかを訴えるものであり、印象的だった。ベトナムは社会主義国家である。ベトナムは南北に分裂していたが、ベトナム戦争が終戦を迎え、アメリカが南ベトナムから手を引いて以来、共産主義の北ベトナムが統治した。日頃、私はアメリカ側で物事を考えることが多いので、新たな視点からものを見るきっかけとなった。

子どもの考える幸せ。ベトナムらしい。

子どもの考える幸せ。人々が集っている。

博物館を出たところで屋台のフォーを食べた。約100円だった。激安。


おいしい。











ベトナムらしい。どうやらフォーを持ち歩いているらしく、片方に麺、片方にスープが入っているようだ。




郵便局。ホーチミンの肖像画が飾られる。



公園にはホーチミンの銅像が立つ。ちなみに、紙幣の絵柄も全てホーチミン。ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に出てくるビッグ・ブラザーを思い出す。ホーチミンを何度も目にし、共産主義の国にいることを実感した。










渡るときは青信号なんですよね。信号の意味がない。


なぜここで寝る。


タロイモ。


日本の学生だ。こじゃれており、ひと目でわかる。


なぜここで遊ぶのか。

なぜ。








ダンスしてるけど公園

ABタワー26階にあるChill Sky Bar









Martini

イギリスから来てた人。

イタリアのマルタから来た人。ひたすら奢りあった。


ベトナムに夜景があった。思ったよりも発展していることに驚いた。





バーの帰り、フォーを食べた。飲み会の帰りにラーメンを食べるような気分だった。




フォー・ガーが鶏肉のフォー
フォー・ボーが牛肉のフォー


おいしい。

3月16日
朝、屋台でフォーを食べ納めて、空港に向かった。


青い椅子で食べた。靴磨きがあまりにもしつこく、たしかに靴が汚かったので、磨いてもらった。横にいた中国人が、対応に苦慮する僕を見て笑っていた。



よく接触しないものだ。手を伸ばせば他のバイクを押し倒せるような密集ぐあいで走っていた。

空港に着いた。ドライバーと記念撮影。そして、インドのガンジー空港に飛んだ。

3月の二週間アジア旅行 記事一覧
シンガポール旅行 Singapore on March 8-9, 2016
マレーシア旅行 Kuala umpur, Malaysia March 10-13, 2016
カンボジア旅行 Siem reap, Cambodia on March 13, 2016
ベトナム旅行 Ho Chi Minh City, Vietnam on March 14-16, 2016
インド旅行 India on March 16-18, 2016
タイ旅行 Bankgkok, Thai on March 19-21, 2016

コメント

人気の投稿