タイ・ラオス旅行2日目 チェンマイ2日目 2017年8月25日 (Thai and Laos 2nd day at Chiang Mai)





  • 1日目チェンマイ 到着
  • 2日目チェンマイ 首長族、ナイトサファリ
  • 3日目ビエンチャン 到着
  • 4日目ビエンチャン タートルアン、パトゥーサイ、屋台
  • 5日目バンコク 到着
  • 6日目バンコク 街を散策、ヘナタトゥー
  • 7日目アユタヤ 王朝の遺跡めぐり


  • チェンマイで何かするべきことを探していたら、なんと近くに首長族がいるらしいことがわかった。ホテルの受付に尋ねると、彼らのいるところまで、タクシーで片道30分、往復3000円ほどで行けるとのこと。向かった。

    少数民族は群れて暮らしており、彼らの居住地への入場料500円が彼らの収入になっているとのこと。












    首長族は正式にはカレン族と呼ばれてる。
    美人なカレン族の女の子。

    女の子はみな編み物をしていた。男の子は、どこにいたのだろうか。彼女は英語と日本語を勉強中で、簡単な日本語の会話ができた。この村で言葉を交わすことができた、唯一の人間だった。



    男の子ともめて泣いてしまったのだけど、よく見たら嘘泣きだった。





    一時間ほど村を楽しんだあと、乗ってきたタクシーに戻ってホテルへ帰った。道すがら、トラやライオンと戯れることのできるパークに立ち寄った。トラ、ずっと眠そうだった。トラもネコなんだな。





    実は、この日の朝、その夜のナイトサファリの予約を済ませていた。ホテルに戻り休憩していると、間もなくナイトサファリのピックアップが来た。







    かわいい


    アルビノのニシキヘビらしい。



    ホテルに帰り、近くの店に入った。こういったローカルの薄汚そうな店が実はとてもおいしい料理を提供していたりすると、うれしくなる。食べてみてわかったが、この店も、そのような店のうちの一つだった。






    コメント

    このブログの人気の投稿

    株式会社GAIAの説明会で驚いた - パチンコホールの売上や給与 -

    Python機械学習scikit-learn入門 SVMの学習とクロス・バリデーション (K-fold)