2017-11-04

タイ・ラオス旅行6日目 バンコク2日目 2017年8月29日 (Thai and Laos 6th day at Bangkok)





バンコクの街を散策した。屋台でご飯。

マッサマンカレー






通行人から、「ブッダの日だから巨大なブッダが解放されてる。見れるのはラッキーだからぜひ行きなさい。船は900バーツで往復だよ。」と言われた。船に乗ろうとすると2000バーツを要求された。900だと聞いたと話したら、現地人プライスの900バーツになった。900だとしても、タイでは異常に高い。チャオプラヤ川の渡し舟ですら4バーツだ。









これがブッダの日だけ見られるブッダなのだろうか。ガセネタだったのだろうか。



そこが温かいんだね。



ワット・ポーのリクライニング・ブッダを見に来た。


いつも磔刑にかけられた肖像ばかりのイエスと違ってブッダは表情豊かで伸び伸びしている。
「今日も午後まで寝ちゃった」


「いけない、ちこくちこくー!」
「どうしよう、また授業サボっちゃった」

「先生、この授業の単位がないと留年しちゃうんです」








お経

ワット・アルン



チャオプラヤ川の4バーツの渡し舟。

リスがいた


タイ国王が亡くなり、チャリティーで食事が提供されていた。私も黒い喪服の人たちにまざっていただいた。周囲の人たちが、おもしろがって、「これを食べてみろ」、「この料理は知ってるか、うまいか」とひたすら食事をよこしてきたので、かなり満腹になった。













バンコクの夜も賑わうカオサン・ロード。この通りでタイ式のマッサージをした。タイ式マッサージはヒジやヒザを使う、痛いマッサージだ。翌日はもみ返しを起こしていた。







このカオサン・ロードでヘナ・タトゥーを描いてもらった。片腕にやって10分間で1000バーツ。



バケツの中はお酒。

0 件のコメント:

コメントを投稿

飲食店への商品持ち込みを批判する人への反論

持ち込み商品の反対意見について反反論がある。持ち込み商品については、それはマナー違反だからと言う人が多い。商品を持ち込んでいる客がいると、注意したところでバイト代の上がらないバイト、給料の上がらない正社員は注意をし、さらに周りの客でも注意をする人がいる。彼らにその理由を聞くと、「...