投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

試みにbitFlyerのビットコイン現金自動取引コードを書いた

イメージ
現物のビットコインの自動売買を動かしてた。利益が出るかはまだ不明。
ソースコードhttps://github.com/asterisk37n/bitflyer-trader
pybitflyerというwrapperがあったので使わせていただいた。

取引ロジック 3秒ごとにbitFlyerからbid, askを取得。買い時であれば成り行きで購入、そして売り時を待つ。売り時が来たら成り行きで売る。

売り時、買い時の判定方法は、次の通りであり、オシレーターを計算している。
3秒おきに、直近100件の取引を取得する。取引には、それぞれ

side (BUY もしくはSELL)
price

が入っている。そして、次のside_variable (サイド変数)といったものを導入し、次のbarometerを定義する。

side_variable := 1 if side is BUY, -1 if side is SELL
barometer := Σ side_variable[i] * price[i]

単純に、買いと売りの金額のどちらが多かったのか比較している。


さらにここで、現在に近い取引を重要視するため、過去の取引については(1-alpha)**nを掛けて、次のように割り引くことにした。

barometer := Σ side_variable[i] * price[i] * (1 - alpha) ** i

現在、alphaは0.001を試して運用中である。(1-0.001) ** 100 ~ 0.9であり、100件前の取引(およそ3分前)を、およそ、0.9倍している。


このbarometerが0.1を超えたら、買いが始まったとして買い、-0.1を下回ったら、売りが始まったと見て売っている。ただし、売りの条件には、買値より高いという条件も与えている。

このロジックを採用した理由は、京都大学にいる後輩が、
「直近100件のうち、買いが多かったら買って、売りが多かったら売るだけのロジックで100万円を12月に稼ぎましたよ」
と言っていたので、試してみたくなったからだ。ただし、それはbitFlyerの提供するFXであり、今ではその戦略は通用しなくなったとも言っていた。

現在の試験運用 試験的に、1万円を元手に、0.01ビットコイン単位で売買している(現在のビットコインは73…

エストニアの電子居住権(e-residency)の申請をした

イメージ
電子居住権について
エストニアには電子居住権を申請しました。自分で会社を持つことを考えたことと、電子居住権という先進的な取り組みに興味をもったのがきっかけです。
e-residencyがあると、投票権はないし、実際に住むことはできないものの、オフィスを持たず、現地に人もいなくてよい、会社を作ることができます。銀行口座も持つことができます。ホームページでも、そのことを推しています。


参考: e-residency | 10つのメリット

必要なもの e-residencyの申請に必要なものは、

パスポートのコピーまたは写真自分自身の鮮明な証明写真100EUROの申請料金(さらに1.9EUROの手数料でかかる)
です。VISAかMASTERで支払いができます。楽天カードの場合、paymentがfialedになることがありますが、その場合は、e-naviで本人認証を済ませ、(オンライン上で1分間で完了できる)、支払いをリトライすると、successします。

LinkedInやfacebookのリンクをadditionalで記入求められました。かりに日本がe-residencyを始めたとしても、そういったSNSの記入箇所があることは想像つかないです。



申請後 申請が終わると、30日間、審査や手続きを待つようです。日本では、渋谷にあるエストニア大使館でdigi-IDを受け取ります。


e-residencyは、こちらのページから申請できます。
https://e-resident.gov.ee/