2018-07-01

エストニアの電子居住権(e-residency)の申請をした


電子居住権について


エストニアには電子居住権を申請しました。自分で会社を持つことを考えたことと、電子居住権という先進的な取り組みに興味をもったのがきっかけです。
e-residencyがあると、投票権はないし、実際に住むことはできないものの、オフィスを持たず、現地に人もいなくてよい、会社を作ることができます。銀行口座も持つことができます。ホームページでも、そのことを推しています。


参考: e-residency | 10つのメリット

必要なもの

e-residencyの申請に必要なものは、

  • パスポートのコピーまたは写真
  • 自分自身の鮮明な証明写真
  • 100EUROの申請料金(さらに1.9EUROの手数料でかかる)

です。VISAかMASTERで支払いができます。楽天カードの場合、paymentがfialedになることがありますが、その場合は、e-naviで本人認証を済ませ、(オンライン上で1分間で完了できる)、支払いをリトライすると、successします。

LinkedInやfacebookのリンクをadditionalで記入求められました。かりに日本がe-residencyを始めたとしても、そういったSNSの記入箇所があることは想像つかないです。



申請後

申請が終わると、30日間、審査や手続きを待つようです。日本では、渋谷にあるエストニア大使館でdigi-IDを受け取ります。


e-residencyは、こちらのページから申請できます。
https://e-resident.gov.ee/

0 件のコメント:

コメントを投稿

飲食店への商品持ち込みを批判する人への反論

持ち込み商品の反対意見について反反論がある。持ち込み商品については、それはマナー違反だからと言う人が多い。商品を持ち込んでいる客がいると、注意したところでバイト代の上がらないバイト、給料の上がらない正社員は注意をし、さらに周りの客でも注意をする人がいる。彼らにその理由を聞くと、「...